インタースクール・ジャーナル・ニュースをお伝えします。インタースクール・ジャーナル編集長の平松けんじです。



新元号は「令和」 今年5月1日から
 平成に代わる新元号が発表されました。1日、午前11時40分頃、菅官房長官が記者会見を開き、今年5月1日から施行される新元号を発表しました。新元号は「令和」。安倍総理大臣は、正午過ぎ談話を発表し、令和の意味について、人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められていると述べました。新しい元号の「令和」は日本の万葉集から選ばれたもので、中国古典からの引用ではない初めての元号となりました。

新宿山吹高 自治委議長と都教委幹部が会談か
 高校紛争が続いている東京都立新宿山吹高校で、同校の自治委員会議長と東京都教育委員会の主任指導主事が先月20日に会談した可能性が高いことがわかりました。会談では自治委員会側より高校紛争の経緯説明や、学校側や都教委への要求について説明が行われたということです。

 東京都教育委員会の主任指導主事は、自治委員会側の要求や指摘に対して全く回答せず、論点と無関係の発言を繰り返したということです。これを受けて自治委員会議長は先月28日午後、都庁第一本庁舎にある東京都教育委員会を訪問して主任指導主事に抗議文を提出したということです。

永田町に中高生が集結 社会問題を知るイベント開催

 先月28日、東京・永田町の参議院議員会館で中高生・大学生を中心とした25歳までの世代が社会問題を学び、交流し、語り合う場「プラットフォームU-25」が開催されました。集会では朝9時から夕方17時まで開催され、学校教育や主権者教育、ジェンダー、移民の問題などのテーマ別の分科会で中高生や大学生が議論を深めました。

 学校教育部会では、それぞれの参加者から生徒の人権を踏みにじるような理不尽な学校の校則や生活指導の事例が報告されました。中には「吐いてしまった給食を無理やり食べさせる」指導事例が報告され、参加者を始め、講師も非常に驚いていました。その他にも不登校の問題やいじめの問題が話し合われ、参加者たちは活発な議論をしていました。その他の部会でもテーマごとに活発な議論が行われていました。

 今回、「プラットフォームU-25」を主催した実行委員会の田中駿介さんは、イベントのねらいについて「社会問題を自分ごと化して考える場をつくりたかった」と話していました。

 イベントの最後には福島瑞穂参議院議員(社会民主党)と大河原雅子衆議院議員(立憲民主党)が登壇し、参加者の若い世代に対してスピーチをしました。

全国で教師の暴力・暴言 相次ぎ発覚
 全国の学校で教員が生徒に暴力や暴言を行った事案が相次いで発覚しています。大阪市では担任教諭が授業中に居眠りをしていた生徒に暴力をふるい、逮捕されました。山口県では部活動中の教師の暴力や、髪をバリカンで刈り上げるなどの事案が発生しています。東京都では部活動中の教師の暴力が明らかになりました。その他にも体罰や暴言などが全国で相次ぎ発覚しています。詳しくは特集でお伝えします。

以上、インタースクール・ジャーナル・ニュースをお伝えしました。

◯番組出演 平松けんじ(The Interschool Journal編集長)
◯画像・音源等素材
 いらすとや、新宿山吹高校自治委員会、WikimediaCommons、本紙撮影

◯次回放送の予定は改めてお知らせします。