千葉県教育委員会は、今月17日の教育委員会会議で、船橋市立中学校の男性教諭(31)が同校の女子更衣室に無断で侵入して複数の女子生徒の下着を触ったとして、同教諭を停職6ヶ月とする処分を決定した。


 千葉県教委の発表によると、船橋市立中学校の男性教諭は今月2日9時15分頃、同校女子更衣室に無断で侵入し、複数の女子生徒の下着を触った。この事案は、複数の女子生徒が男性教諭が女子更衣室から出てきたことを目撃し、別の教員に相談したことから発覚した。

 今回の事案を受け、県教委は男性校長(58)に対しても戒告処分を下した。

 県教委はプレスリリースの中で、今後の対応方針として、「職員の綱紀の粛正について」を通知し、管理職が直接教育長のメッセージを読み上げるなどして、特にわいせつ・セクハラ事故の根絶について指導を徹底するとしている。

(編集局)