先月26日、名古屋市立守山東中学校の2年生の男子生徒が「トーチトワリング」という火のついた棒を使ったパフォーマンスの練習中、右腕に火傷を負った。同校教頭が認めた。


 男子生徒は、献火練習というものをしており、トーチ棒に灯油を湿らせて着火して練習していたという。教頭は「演技の途中で教員が灯油をしっかりと切っていなかったことが元で男子生徒の右腕に灯油が垂れ、燃え移ったと考えられる」という見解を示した。

 また、この際、火傷を負った生徒が病院で治療を受けた後、男性教諭が生徒に対し、「自業自得」「バチが当たった」という発言をしたという。教頭は「怪我を負っている生徒に対してかけるべき言葉ではない」と話した。

学校側はすぐに事故報告行わず
 学校側は8月7日に市教委から問い合わせがあるまで男子生徒が火傷を負った事故について報告していなかった。教頭は学校側が事故後すぐに市教委に報告をしなかったことについて「報告をしなかったのは適切ではなかった」と認めた上で、「やけどの初期症状を見て、それほど(ではない)と思った。時間が変わるとやけどは症状が変わっていくものですが、その認識が甘かった。」と話している。

*トーチトワリングとは?
 「トーチトワリング」とは、棒の先にタオルを巻きつけ、その先に灯油を染み込ませたたいまつを作り、演舞をするというもの。同校では中学2年で行われる「稲武野外教育」という林間学校のようなところでキャンプファイヤーの中の一つの演技・出し物としてやっているということで、「難しい技を練習を積み重ねて、努力してできるようにする、という達成感を味わわせることが目的」(教頭)だという。

(編集局)