Reported by 平松けんじ
萩生田文科相会見20200417画像5
文部科学省で会見する萩生田光一文部科学大臣(撮影=平松けんじ)
 萩生田光一文部科学大臣は、17日の閣議後記者会見で、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)を今年は実施しないことを発表した。

 萩生田氏は全国学力テストの中止を決断した理由について、次の4点を挙げた。
〇4月7日に緊急事態宣言が出され、4月10日時点で、全国で約6割の学校が臨時休業となっており、さらに昨日、「緊急事態措置を実施すべき区域」が全都道府県に拡大されたこと
〇学校再開後も児童生徒が落ち着いた学校生活を取り戻せるまでには、相当の期間を要すると見込まれること
〇各学校において、休業期間中の補充指導を含め、令和2年度の指導計画や行事計画等を大幅に見直すことが必要となっており、全国の学校で調査を実施できる新たな日程の設定が困難であること
〇教育委員会や学校、校長会等の関係の主要団体からも、令和2年度については中止を求める意見が強いこと
  また、全国体力・運動能力、運動習慣等調査も同様の理由で今年度は中止される。

  文部科学省は当初予定していた4月16日には実施しないことを先月17日時点で公表していたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により中止を決断した。