平松けんじ
 足立区は、6日、足立区立中学校に通う女子中学生が新型コロナウイルス感染症に感染していることを確認したと発表した。

 女子生徒は先月26日金曜日に発熱などの症状があらわれたという。この日女子生徒は1時間以内の登校があったものの、足立保健所は「行動および範囲が限定され、かつ短時間であったことから登校に含まないと判断」したという。

 女子生徒の親が、4日、仕事上で濃厚接触者となったことから、女子生徒と親、家族がPCR検査を受けた。その結果、女子生徒と親の感染が確認されたのだという。

 区は女子生徒の登校日である6月26日から2週間が経過する7月10日まで当該学校を臨時休校とし、7月11日に予定していた土曜授業は延期となった。