平松けんじ


 宝塚市立長尾中学校で9月25日、柔道部の顧問を務める男性教諭(50)が、部員の生徒(12)(13)に対し暴行を加えてケガをさせたとして逮捕された。


関連記事:

関連記事:

 男性教諭は、宝塚市立長尾中学校の道場で、9月25日午後4時半頃から30分間にわたって1年生男子部員2人に投げ技をかけて、両方の頬を数回殴ったり、執拗に寝技をかけるなどし、けがをさせた。男子生徒(12)は背骨を折る全治3か月の重傷を負ったほか、男子生徒(13)は首に軽いけがをしたという。


 男性教諭は道場の冷蔵庫で保管していたアイスクリームをこの2人の部員が食べたことに激高。他の部員の目の前で執拗な暴行に及んだという。


 男性教諭は過去にも生徒に暴力を振るい、ケガをさせたとして懲戒処分や訓告処分を複数回受けており、生徒に対する暴力性が非常に顕著だ。市教委職員課の担当者は男性教諭が生徒への暴力行為を繰り返していることについて「(男性教諭に対し)指導はしていたし、研修なども受けていたが、結果がこれなので十分ではなかった」と反省の弁を述べた。市教委は男性教諭の任命権者である兵庫県教育委員会に男性教諭の処分を求める方針。

takarazukaeducation
画像・宝塚市教育長が公表した謝罪文(13日、宝塚市教委HPより)
 市教委の森恵実子教育長は、13日付で謝罪文(=画像=)をホームページ上で公表。森教育長は今回の事件について「生徒の命を一番に守るべき教員が体罰により生徒の心と体に大きな傷を負わせて逮捕されるという、子どもたちの模範となるべき教職員としてあってはならない事態」と指摘し、「従来から、教職員の法令順守に努めてまいりましたが、取組が不十分であったことを厳粛に受け止め、深く反省しております。」と陳謝した。森教育長は今日臨時の校長会を開き、事案の詳細と事の重大さを校長らに伝え、法令順守・服務規律の徹底を教職員に指導する方針を示したという。

 宝塚市では昨年6月にも市立中学校の吹奏楽部で顧問教諭が女子生徒に対して「廊下で(打楽器を)100回叩いてきなさい」等の発言をし、女子生徒が校舎から転落して重傷を負っている。


 なお男性教諭を逮捕した兵庫県警県民広報課の福本氏は「警視庁本部に問い合わせたが本紙記者の存在が確認できなかった」として取材を拒否した。


最新記事はこちらから(トップページへ)

↓読者登録はこちらから↓