福島啓介


 宝塚市立長尾中学校で柔道部の顧問だった上野宝博元教諭(50)=懲戒免職=が、部員の生徒に執拗に寝技をかけるなどして重傷を負わせた事件で、2月15日、神戸地方裁判所(国分史子裁判長)は、上野元教諭に懲役2年・執行猶予3年の有罪判決を下した。


 上野元教諭は、長尾中学校の道場の冷蔵庫に保管していたアイスクリームを1年生の男子部員2人が食べたことに激高。昨年9月25日午後4時半ごろから30分間にわたり、1年生男子部員2人に投げ技をかけて、両方の頬を殴る、執拗に寝技をかけるなどした。男子生徒(12)は背骨を折る全治3か月の重傷を負い、男子生徒(13)は首に軽いけがをした。

最新記事はこちらから(トップページへ)

↓読者登録はこちらから↓