渋谷区の長谷部健区長が、1月16日、自宅前で街宣活動をしていた男子高校生の携帯電話を叩き落そうとして、高校生に全治7日間のケガを負わせていたことが、わかった。


高校生は、五十嵐俊子渋谷区教育長の前任校でのいじめへの対応をめぐって、長谷部区長が翌日の1月17日に教育長を擁護する会見を行うとの情報を入手し、区長宅前の公道上で3分間にわたり抗議していた。

ISJが入手した動画では、長谷部氏が、高校生に詰め寄り、携帯電話に掴みかかって強い衝撃を与えている様子がわかる。

長谷部区長は、1月17日の記者会見でこのことを問われ、「私にカメラを向けておりました。ですので、それを遮る形で、手を伸ばした次第です」と説明。「暴行ということは全くありません」「強く否定、主張させていただきます」と暴行の事実を否定した。

被害を受けた高校生は既に警察に相談しているという。

ISJ/校民日報社©2022
無断複写・転載を禁ず

最新記事はこちらから(トップページへ)

↓読者登録はこちらから↓

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック