THE INTERSCHOOL JOURNAL(インタースクール・ジャーナル)

全国の学校教育現場の埋もれたニュースを生徒目線で報道するニュースサイトです。

Reported by 平松けんじ 石川遥樹
都庁第一本庁舎・第二本庁舎
東京都教育委員会臨時会が行われた都庁第一本庁舎(写真右)と都庁第二本庁舎(平松けんじ撮影)
 東京都教育委員会は5日、臨時の教育委員会会議を開き、島しょ部を含めた全ての都立学校を5月31日まで引き続き臨時休校とすることを決定した。決定は今後都立学校各校に通知される。休校延長の対象は、都立のすべての高校、中等教育学校、附属中学校、特別支援学校。

続きを読む

Reported by 平松けんじ
FullSizeRender
東京・虎ノ門の文部科学省(平松けんじ撮影)

 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大で学校の臨時休校が長期化していることを受け、文部科学省は緊急事態宣言発令中で臨時休校を続けざるを得ない場合でも分散登校で段階的に学校を再開するよう求める通知を、1日、全国の教育委員会などに出した。

続きを読む

Reported by 平松けんじ
ISJ調査20200408アンケート円グラフ(通信容量)
資料=本紙アンケート調査結果(2020年4月20日付記事より)
 本紙が4月8日から19日にかけて実施した児童生徒向けアンケートでも授業が遅れてしまうことへの不安の声や、オンラインでの学習環境に格差が生じていることが明らかになった。端末の通信容量制限について尋ねたところ、「無制限」が42.1%(16件)と最多だったものの、「7GB未満」の回答を合算すると39.5%(13件)に達する。このうち、通信容量が「2GB未満」という回答も13.2%(5件)存在し、オンライン授業を受けられる通信環境の生徒とそうでない生徒の格差が顕著になっている。(➢記事はこちら)

続きを読む

Reported by 平松けんじ

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が感染拡大する中、学校再開への見通しが不透明になりつつある。全国メディアは政府内で緊急事態宣言の延長がやむを得ないとの声が出ていることを伝えているが、24日、愛知県が5月31日までの臨時休校を決めた。東京都も5月6日までの臨時休校の予定を8日まで延長。学校再開日についても見通しがつかなくなっている。


続きを読む

Reported by 石川遥樹
IMG_5847
東京都教育委員会が入る東京都第二本庁舎(平松けんじ撮影)
 東京都教育委員会は24日、5月7日と8日を休校とするよう、全ての都立学校に対して通知した。都教委は既に今月9日に、ゴールデンウィーク明けの5月6日までを休校にするよう、各都立学校に通知しているが、24日の通知でさらに休校期間が延びた形だ。

続きを読む

Reported by 平松けんじ
コロナウイルス(CDC画像)
コロナウイルスの画像(出典:アメリカ疾病予防管理センター(CDC))
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が止まらない。国内ではこれまでに1万2829人が感染し、334人が死亡した。クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」号の事例も含めると国内感染者数は1万3541人(死亡347人)となる。

続きを読む

Reported by 平松けんじ 大須賀太一
 ベネッセとソフトバンクの合弁会社「Classi株式会社」が運営しているインターネット学習サービス「Classi」が不正アクセスを受け、ID、パスワードを暗号化した文字列など約122万人分の情報が第三者に不正に閲覧された疑いがあることが、13日、わかった。同社がホームページ上で発表した。

続きを読む

Reported by YAMABUKI JOURNAL編集局
※この記事はYAMABUKI JOURNAL編集局が執筆したものを本紙が配信しています(論評除く)。
新宿山吹高校 外観
東京・新宿区の都立新宿山吹高校
 2017年以来、自治委員会と学校の間で2年以上紛争が続いている都立新宿山吹高校で、6日、今月就任したばかりの永浜裕之校長と、新宿山吹高校自治委員会の磯田航太郎自治長が会談した。会談は磯田自治長が今月就任した永浜校長への祝意を直接伝える形で行われた。会談は終始和やかな友好ムードで進んだ。

続きを読む

 本紙は、8日から19日にかけて「新型コロナウイルスに関する中高生アンケート」を実施した。有効回答数は38件。全国の中高生から回答を得た。


続きを読む

Reported by 平松けんじ
ISJ調査20200408アンケートヘッダー

 本紙は、8日から19日にかけて「新型コロナウイルスに関する小中高生等アンケート」を実施した。有効回答数は38件。北海道2.6%(1)、東北地方5.3%(2件=宮城1、岩手1)、関東地方57.9%(22件=東京16、千葉3、埼玉2、群馬1)、中央・東海地方10.5%(4件=岐阜1、長野1、静岡1、愛知1)、北陸地方0%(0件)、近畿地方13.2%(5件=兵庫2、大阪1、京都1、奈良1)、中国地方2.6%(1件=広島1)、四国地方2.6%(1件=徳島1)、九州地方2.6%(1件=沖縄1)と、全国の生徒から回答を得ることができた。

続きを読む

↑このページのトップヘ