THE INTERSCHOOL JOURNAL(インタースクール・ジャーナル)

全国の学校教育現場の埋もれたニュースを生徒目線で報道するニュースサイトです。PDFファイル版の「The Interschool Journal Weekly」をほぼ毎週発行しています。無料で配信しておりますのでご希望の方は interschooljournal@gmail.comまでメールにてお申し込みください。

カテゴリ: 大阪・近畿ブロック

 2022年度から大阪市立の全21校の高校を大阪府に無償移管し、府立高校に転換する方向で大阪府と大阪市が合意したことがわかった。


続きを読む

 昨年度、和歌山市立伏虎義務教育学校で、当時小学3年生の男子児童が1時限目の授業中に複数回トイレに行きたいと訴えた際、男子児童が既に1度トイレに行っていたとして担任の30代男性教諭が児童をトイレにかせなかった事例が発覚した。


続きを読む

 兵庫県神戸市の久元喜造市長は、2日、同市教育委員会の長田淳教育長に「組体操の実施見合わせに係る要請」と題した文書を送付し、「安全な状態で実施できないと判断する場合」には組体操の実施を見合わせるよう強く要請した。

続きを読む

 今年5月に発覚した尼崎市立尼崎高校男子バレーボール部、硬式野球部での教員による暴力に関し、尼崎市教委職員課と体罰調査特命担当は調査が完了したとして校長以下関係教員6人を処分したことを、19日発表した。今回の調査で男子バレーボール部と硬式野球部で教員による暴力行為が常態化していたことが明らかになった。

関連記事:

続きを読む

 滋賀県立栗東高校で、女子生徒が水泳の授業を見学する際に体育教官室で体育教員に対して生理の何日目かを申告させる指導が行われていたことが、28日わかった。同校の西藤仁校長が取材に応じた。

続きを読む

 昨年、文部科学省が各学校に直接送付した、同省作成の「放射線副読本」(小学生版・中高生版)を、滋賀県野洲市教育委員会が今年3月11日に回収する措置をとっていたことがわかった。野洲市教委と文部科学省初等中等教育局教育課程課が認めた。


続きを読む

 本紙は、尼崎市立尼崎高校の臨時講師による暴力事案に関し、尼崎市教育委員会が報告書を発表した翌日の5月22日夜、同校の桑本廣志校長に対し、電話インタビューを実施した。今回はその全文書き起こしと音声を公開する。

 詳しくは以下に書き起こし全文と音声が含まれるYoutube動画3本を貼り付けるのでご覧頂きたい。
続きを読む

 尼崎市立尼崎高校の男子バレーボール部コーチの臨時講師(地理歴史担当)が部員の生徒に暴力を振るい、怪我をさせた問題で、尼崎市教育委員会は、5月21日、報告書を公表した。

 報告書はA4判10ページにわたり、現時点での市教委の調査結果が詳述されている。


続きを読む

 昨年、東大阪市立の小学校の運動会で行われた組体操で7段ピラミッドが行われていたことが、31日わかった。本紙の取材に対し、同校校長が回答した。校長によると、今年度は「安全に配慮できないと判断したため」7段ではなく5段のピラミッドを実施する方針。この方針にネット上では「危険だからやめてほしい」等物議を醸している。これを受け、大阪府教育委員会も各市区町村に実態調査を行っている模様だ。

続きを読む

 朝来市立梁瀬中学校(兵庫県朝来市)の女子バスケットボール部で、昨年8月の全国中学校体育大会に向けた練習の際、部員の保護者が自身の娘を含む部員4名に対して、暴力行為を行っていたことがわかった。



続きを読む

 兵庫県立高校の進路指導部の教員が兵庫県立大学の推薦入試を希望する生徒4名の出願書類を期日までに提出し忘れ、生徒が受験できなくなる事態が発生したことが、13日、わかった。県教委は「生徒の人生を左右しかねない重大なミスですので誠に申し訳ない」と話している。続きを読む

↑このページのトップヘ