THE INTERSCHOOL JOURNAL(インタースクール・ジャーナル)

全国の学校教育現場の埋もれたニュースを生徒目線で報道するニュースサイトです。

カテゴリ: 新型コロナウイルス(COVID-19)

Reported by 平松けんじ
 厚生労働省は、11日、2021年3月に高校を卒業する生徒の就職に関して採用選考の期日を現行の9月16日から10月16日に1か月後ろ倒しにしたことを発表した。


続きを読む

Reported by 平松けんじ YAMABUKI JOURNAL編集局
都庁第一本庁舎・第二本庁舎
東京都教育委員会が入る都庁第二本庁舎(写真左)(東京・新宿区 平松けんじ撮影)
 東京都教育委員会(都教委)は、先月28日付のガイドラインで都立高校・中等教育学校・附属中学校で12月までに実施予定の文化祭や体育祭などの行事、宿泊行事、合唱コンクールなどの校外の活動について延期または中止することを求めている。これを受け、複数の都立高校で文化祭や体育祭などの中止が決まった。

続きを読む

紙面闘論 ロゴ

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響で長期化した臨時休校。6月になり緊急事態宣言解除も踏まえ、全国の学校は徐々に再開し始めているが、失った3か月は非常に大きい。教員の皆さんも必死に子どもたちの「学びの保障」のために奮闘していることだろう。今回、「9月入学」導入論が急浮上したことを踏まえ、ISJ(The Interschool Journal)では9月入学の導入是非について、児童生徒、保護者、教員の皆様にメールでの論文投稿を呼び掛けた。ありがたいことに賛成派・反対派ともに濃い内容の論文が集まったので、本欄で全文をお伝えする。政策決定にかかわっている方々には賛成論・反対論両方の意見に是非目を通していただきたい。

続きを読む

Reported by 平松けんじ
 福岡県北九州市の小・中学校4校で5月28日から6月1日にかけて小学校2校、中学校2校の合計4校で、12例の新型コロナ感染者が発生したことがわかった。北九州市教育委員会の篠木哲朗係長によると、児童生徒の感染者が複数発生した学校は守恒小学校(5件)、葛原小学校(2件)、思永中学校(3件)、企救中学校(2件)で、いずれも現在は臨時休校となっている。


続きを読む

Reported by 平松けんじ
自民党WT②自民党本部
自民党本部(東京・永田町 平松けんじ撮影)
 自民党の「秋季入学制度検討ワーキングチーム」(座長・柴山昌彦前文科相)は、9月入学の導入に関して「今年度・来年度など直近の導入は困難」という提言をとりまとめ、2日、安倍晋三首相に手渡した。柴山座長は3日付の自身のブログで、安倍首相が「確かに法律改正を伴う制度変更をこのタイミングで行うのは困難だ」と話していたことを明らかにしており、政府側も9月入学の導入が困難であるという認識になっているようだ。


続きを読む

Reported by 石川遥樹、平松けんじ
都庁第一本庁舎・第二本庁舎
東京都教育委員会が入る東京都第二本庁舎(左)(東京・新宿区 平松けんじ撮影)
 東京都教育委員会は、国の緊急事態宣言の解除を受け、6月1日から都立の高校・中等教育学校・中学校・特別支援学校を再開することを決めた。東京都は、22日、「新型コロナウイルス感染症を乗りこえるためのロードマップ」を発表。都立学校についても3段階に分け、分散登校で段階的に学校を再開していく方針を打ち出している。

続きを読む

Reported by 平松けんじ
自民党WT②自民党本部
資料画像=自由民主党本部(東京・永田町 平松けんじ撮影)
 27日、与党・自由民主党(自民党・LDP)の「秋季入学制度検討ワーキングチーム」の会合が開催され、柴山昌彦座長が座長案を示したのち、参加した議員たちの間で議論が交わされた。今回の会合では座長案の了承は得られず、結論は次回会合に先送りされた。柴山氏は提言書の書き直しをしたうえで、再度29日に会合を開き、了承を取り付けたい考え。

続きを読む

↑このページのトップヘ